禅とハードル

ひと月ほど前に浅草寺の裏側を歩いていたときに目に入ってきた告知がありました。

「浅草寺仏教文化講座 禅とハードル 為末大」

400mハードルの日本記録保持者であり、オリンピックでのメダルはないものの、世界陸上で2度の銅メダルを獲得している方です。

同年代であり、引退してからも多方面で活躍している、個人的に注目している人物です。

今ちょうど冬季オリンピックが行われていて、よく指導者との関係性もクローズアップされますが、彼は特定のコーチにつかず、自分で試行錯誤して道を切り開いていった選手です。

それは他の人以上に自分と向き合ってきたのだと思います。
1時間という限られた中では、事細かには語られませんでしたが、それは端々に感じることができました。

陸上競技の多くは直接的には他人に左右されないスポーツです。
400mハードルもそうですね。

そのためよりメンタルの部分が大きいとも思います。

そして自然。具体的には雨や風。

はじめてのオリンピック。
予選で途中まで1位だったのが転倒してしまったのを、メンタルと向かい風によるものと分析していました。

風の影響で一歩がプラスマイナス2〜3センチになる。
それがひとつのハードルを跳ぶまでに30センチになるわけですね。
通常であれば意識するはずが、それが真っ白になってしまう精神的な状況だったと。

それを考えると、今回金メダルをとっている選手のメンタルの強さを改めて感じますし、いかにしてそこに持っていったかが気になるところではあります。

いろいろと興味深い話を聞けましたが
「やる気は匂いをかいでラーメンを食べたくなるようなもの」
と表現していたのは印象的でした。

やる気が常にあるわけではないので、いかにしてそのスイッチを入れるか。子どもを指導するうえでもそうですが、自分に対しても言えるわけです。
指導者なしで結果を出してきた為末選手だからこそ、深みのあることばになります。

最後に同感したことば。
「楽しいことをやるのではなく、やっていることを楽しむ」

つまらないと思い、楽しいことを探す人っていますよね。
やっていることの中で楽しめる要素はいくらでもあるのに。
思っていることをことばで端的に表現してくれました。

自分のことばにしていこう(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-02-19 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ひと調子なジャンプ

オリンピック2連覇!

フィギュアスケートの羽生結弦選手見事な滑りでしたね。
宇野昌磨選手も銀メダル。
日本の金銀というのはやはり誇らしく感じます。

これに対してあれやこれや言いたくはないので、感じたことをひとつ。

羽生選手の4回転ジャンプは着地までひと調子なスムーズさがあること。

これはどんなことにも言えると思いますが、うまい、きれいだと感じるものは、流れが途切れません。

着地の次を含めての流れがスムーズだから、4回転ジャンプが自然に見えます。

足首を怪我すると、この流れはとまりやすいです。
そこを克服してここまで持ってきたことには感服します。

そして何か人を惹きつけるものがあるように思います。

とても楽しませてもらいました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-02-17 19:30 | 徒然に | Comments(0)

それも実は飲食が原因

食べ過ぎで腹痛、飲み過ぎで気持ち悪い。

そういう認識はしていても、膝が痛くなったり、足が痛くなったりという原因が、そういうところにあるという認識を持っていない人は多いです。

お尻が痛いと、坐骨神経痛だから、腰が原因か?なんて思ったり、歩き過ぎかな?なんて思ったりするようです。

それにおいても、食べ過ぎや飲み過ぎで胃に負担がかかっていることが原因であることは珍しくありません。

頭痛も、生理痛も。

その背景にストレスが関わっていたりしますけどね。
ストレスがあるから食や酒に向かう。

悪循環をどう断ち切るか。

気持ちでなんとかしますか?
飲食を我慢しますか?

鍼しますか?


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-02-16 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

真意

ことば。

これがないとコミュニケーションはとれず、相手の伝えたいこと、こっちの伝えたいことは伝わりませんよね。

でも、同じことば、伝えたことから連想することは相手の意図と違うときもあります。

教える、というときには、ことばを選びますし、教わる、というときには、その真意は何なのか汲み取ることを心がけます。

ことばによる限界を理解しつつ、ことばにあるバックボーンを考える。

手から手への技術的なことは特にそうです。
姿から読み取らないと。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-02-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

変化がほしい

平昌オリンピック真っ只中です。

まだ金メダルはありませんが、日本選手活躍していますね。基本的にスポーツは好きなので、必ずというわけではありませんが、いろいろ見ています。

まぁこういうときに毎度なのですが、インタビューがどうにかならないかなぁ、といつも思います。

今の気持ち、切磋琢磨した日本のライバルはどんな存在か、誰にこの気持ちを伝えたいか、どんな気持ちで臨んだか。

それも大事かもしれませんが、その道の超一流選手です。ありきたりのものじゃなく、もっとマニアックなところに切り込んでほしいと思います。

その後のテレビ出演も単なる有名人という扱いで終わらせてほしくないんですよね。

わかっているんだかわからない女子アナがインタビューするのではなく、その道のスペシャリスト、違う道のスペシャリストの視点でなされるインタビューによって、その人ならではのものを引き出してほしいと思うのです。

メディアがテレビだけじゃないですからね。
これから先そういう変化がでてきてもおかしくないと思います。
期待してます!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-02-15 00:15 | 身体感覚 | Comments(0)