痰が鼻水に??

痰は身体の中の水が滞ってできたものです。
熱を帯びることが多いですね。

普段日に数回痰が出ていたのが、風邪をきっかけに出なくなり、かわりに普段出ない鼻水が出るようになった。

これをどう解釈するか。

風邪によって肺がダメージを受けたことで、その根である「鼻」への影響が強くなり、鼻水として出たか。風邪によって食欲が減り、食べる量が減ったことで脾において生痰しなくなり、痰は出ず、鼻における水逆だけ起こったか。

なぜ?と思うことが臨床ではよく起こります。

それをスルーしないで、東洋医学的にどうなのか考える。

病位、病の位置というものが変わるには、必ず理由があります。

わかりにくいこともあります。
だからこそ少数鍼。

1本打ってそれが効かなかったら原因はそれではないとわかります。

でもこれだって当てずっぽうで打っているわけではないですからね。
体表の声を聞く。
やさしい医療です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2017-09-22 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

伊藤達哉

昨日今日ひとりのサッカー選手が少しネットのニュース上を騒がせています。

彼の名は「伊藤達哉」

ドイツブンデスリーガのハンブルガーSVの選手です。

現在20歳。今日行われた試合ではじめてベンチ入りを果たしました。

今回のニュースではじめて知った方も多いと思いますが、実は柏レイソルのユースにいるころから知っているんですよ。

なんと長男の元チームメイトのお兄ちゃん。

今子どもにサッカーをやらせて、いずれはプロでって考えてる親御さんもいると思うのですが、こういう存在になる子は、やはり普通レベルのうまい子ではないです。

あれやれこれやれと言われないでも、自分で勝手にやりたくてやる。
大部分はそういう子なんだと思います。

異国の地でのし上がるというのは相当なことでしょうね。

これからも応援していきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2017-09-21 20:30 | 徒然に | Comments(0)

導いてくれる人

何事も上達していく上で、指導者というのは非常に重要だと思っています。

どのように重要かというと、よい方向に導いてくれるということで。

よく、「〇〇が育てた」なんていうことを言われたりしますが、やっている人間は勝手に育つと思います。その中で、あるもの全てを遺憾なく発揮できているかということが大事で、それを引き出すこと、いい方向に持っていけるのが素晴らしい指導者だと思います。

音楽の世界というものは、あまり理解できていませんが、この世界も指導者が重要であることは間違いありません。

先日次男にトランペットを購入しました。
そのとき、吹奏楽部に外部から教えに来ている講師の先生が一緒に選んでくださったのですが、まず先生が吹いて、ひとつひとつ微妙に違うモノの中で、これならばというものをいくつか選抜してくれたようです。

楽器もそれぞれ寸分違わず同じなわけではないですからね。
状態的にベストじゃないものもあるようで、それを買ってしまったら辿り着けるところも限られてしまうわけですね。

何十万とする買い物。
こういう講師の方の存在は大きいです。

そして選ぶときに、こうも言っていたようです。

「この子のトランペットへの熱意は相当強いよ。中学高校だけでは絶対満足しないね。」

小学生において高価な買い物をすることには抵抗がありました。

それは縛りになってしまう可能性があるからです。

高価なものを買ってもらったから続けないといけない。
絶対途中でやめられない。

そんなことを感じながらやることになってしまったら、いろんなことに挑戦できる可能性を潰してしまうのではないかと。

でも、買うことでさらに情熱がます場合もあるわけです。

次男は後者と考えていいのではないかと感じています。

そういう思いになる方向づけは、指導してくださっている先生方によるものでしょうね。

さてこれからどういうことになるか。
楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2017-09-20 20:30 | 徒然に | Comments(0)

もう一つの大会

以前次男が小学校の吹奏楽部の都大会で金賞を受賞し、全国大会に行くことになったということを書きましたが、昨日、別の大会の都大会があり、こっちは次なる舞台、埼玉スーパーアリーナでの関東大会への出場が決まりました。

この大会は昨年、関東大会で金賞を受賞したけど、全国大会には行けなかったという悔しい思いをした大会。

なんでもマーチングの世界では、関東では横浜のレベルが高いようです。

近年、校庭では音はなるべく出さないとか、近隣の迷惑を考えるという風潮があり、またそのような苦情もあるため、マーチングに打ち込む学校は都内では減少しているようです。

少数の意見というのは大事ですが、それを尊重しすぎるのも問題だと思います。

子どもを育てるマーチングというものを理解できると、もっと受け入れられるのではないかと。

チームスポーツは全体の協調性というものがあっても、個性が際立つところが多く、自分の活躍というものがまわりにも、自分としてもわかりやすいです。

しかし、マーチングというものは、全体美を保つために、どれだけ協調できるか、みんなのことを考えられるかというところが大きく、それは思いやりの心にもつながる面があり、子どもの成長により大きなプラスになると思います。

次男の成長をみてると、そう確信します。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2017-09-19 20:30 | 徒然に | Comments(0)

9月中旬の思い出

数日前からこの連休は台風の影響で天気が荒れることが予想されていました。

もともとの予定では今日は午前中ちびっこ1年生のサッカー大会の監督、午後は阿波おどりの練習に出てから、長男のサッカーの公式戦を観に葛飾まで行くという1日。

しかし、台風の影響か葛飾でやる予定が場所が八王子、しかも八王子駅からバスで30分というところに変更。
台東区と荒川区のチームの試合なのに、、、

結局午前中は中止になり、阿波おどりの練習には行かず、雨の中長男の試合を観戦してきました。

9月中旬。
今日は20℃いくかどうかの肌寒い日、明日は打って変わって猛暑日に近い日になるようです。

明日も公式戦。
結構この寒暖差は大変だろうなと思います。

この時季は両極端なときがあることを思い出として鮮明に残っています。

アメフトをしていた大学生のとき、9月中旬はリーグ戦の初戦でした。

2年生のときは今日みたいな雨がひどく、しかも今日のような人工芝ではなく土のグラウンド。怪我をしてた僕は試合のビデオを撮っていました。試合に勝ったチームメイトは大はしゃぎしていましたが、めちゃめちゃ寒かった記憶があります。

4年生のときは高尾での雲ひとつない炎天下の試合。
34℃の砂埃が舞うグラウンド。
僕は試合に出ていましたが、怪我人が多くて人数が少なく、かなり疲弊した試合でした。

ふつうに過ごしてると今回のような台風による雨も忘れ去られていきますが、ある思い出と一緒にあると永遠に忘れないものになります。

そんな思い出を子どもたちもこれからもっと作っていってくれたらと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2017-09-17 22:00 | 徒然に | Comments(0)