人気ブログランキング |

「ま、いいか」のススメ

気にする人はどんな些細なことも気にします。

気にしないで生きるということをススメはしませんが、気にしても「ま、いいか」という転換をはかれることが大事だと思います。

先日大雨が降りました。

前日から「どうしよう、、、」と気に病む人、いますよね。

なるようにしかならないけど。

気にするまま過ごし、予定していたことの時間が近づき、やはり難しいと、それをやめる決心をする。

その途端雨が止むと、今度は予定をとりやめなきゃよかったと悔やむ。

そのように考えることに共感できますか?

これは当院に予約をしていて、それを電話して変更した患者さんの話です。

「すいません、やっぱり行きます。」

これもひとつの手ですよね。

でも「いや、ここでまた電話したら悪いなぁ、、、」と考えて、連絡せず悔やみ続けるのは、精神衛生上とっても好ましくないですね。

「ま、いいか」

こう考えてできることをやる。

それでいいわけです。

人生はことの大小はありますが、選択の連続です。

いい選択もできれば、悪い選択をすることもあるでしょう。

でも、そのとき悪いと思ったことも、後になってみると、結果的によかったなんてことはよくあります。

またその悪いと思っていた選択をしたことで、次にいい選択をすることができたということもあるでしょう。

何が成功で何が失敗かなんてそのときにはわからなかったりします。

そう思うには「ま、いいか」という思考はとても大事ですね。

とらわれない。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-05-23 20:30 | 徒然に | Comments(0)

「手」の追求

我々の診断は多くは「手」によってなされます。

視覚的に行う診断もありますが、視覚障害者も生業としておられるように「手」がメインです。

ですから体表からのありとあらゆる情報をキャッチできるためにも、「手」を「良い手」にすることは常に考えています。

何をもって「良い手」とするか。

ひとつには柔らかいこと。
それでいてしっかりしていること。

正確に情報をキャッチするためには、硬いと絶対に無理です。

相手のからだを診るということは、相手の気と同調することでもあります。

自分の「手」が硬いとそれを相手の硬さと捉えてしまうことにもなるのです。

経験を積むということはもちろん大事なのですが、ただがむしゃらにやったからといって上達するわけではありません。

自分の「手」に問題を感じているならば、それを改善した方が上達に繋がることになるのです。

左右の「手」で同じ感覚か。

違うならば、何が問題なのか、どうすれば改善できるか、どうすれば補えるか、工夫が必要です。

僕もまだ問題を発見します。

終わりはないでしょう。

わかったときがまた楽しい!

診れる幅が広がります。

休みの日に家にいて暇ですることないなんて絶対ないですよ。
スマホを持ってなくてもです。

自分の手でも楽しめます。

追求は止まりません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-05-22 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

咳が続くから病院にて診てもらったら、言われたようです。

「咳は出ないより出た方がいいから。」

本当でしょうか?

まぁ本当にそう言ったか、どういう状況で言ったかにもよりますが、本当にこの言い回しだとしたら単なる方便かなと思います。

痰があって、咳をすることで痰を出す。
そういう生理現象としての咳は必要です。

でもひと月続いていたらどうですかね?

必要な咳でしょうか?

仮に痰を出すためにしていたとしたら、その痰を発生させているところにアプローチをしなければ意味がありません。

腎気をフォローして肝気を伸びやかにする治療をしました。
肺の働きが楽になるでしょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-05-21 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

eラーニングスタート!

今日からいよいよスタートしました!

「何が」というと、eラーニング!

「何の」かというと、僕が所属している鍼灸学術団体である、一般社団法人北辰会の基礎を学べる講座を毎月配信するという制度です。

いろいろ学ぶためのものが手厚くなってます。

本だって鍼灸界でこれだけ出版しているところはないですからね。

でもそういうものがあると、それだけで満足してしまったりします。

ない方が必死になって勉強しますからね。

でも溢れている分、それを最大限活用したら、とんでもなく有用なことになります。

営利団体ではないので、eラーニング視聴だけの安価な会員というカテゴリーは一般社団法人的に設定できません。

会員ではないけど視聴したいという方は、会員になってもらう必要があります。
その場合は定例会にももちろん参加可能です。

他の会に所属していたり、わけあって定例会には参加できない方には違う種別の会員が設定されることになりますが、まだ正式に告知されてないので、今後楽しみにしていてください。

新しい取り組みがいろいろはじまっていますが、我々のメインは臨床です。

鍼を持って目の前の患者さんを治すこと。
そのための勉強です。

治せる鍼灸師が増えること。
eラーニングがそのための一助になるといいと思います。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-05-20 22:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

昨日「太淵」についてちょっと書きましたが、位置を書いてませんでしたね。

場所は手首の横紋。曲がるところです。
その母指側で手のひら側です。

調べると別名があるのですが、2つあって「太泉」と「鬼心」。

まぁ前者はわかるのですが、後者は「肺魄」からきているのかな?

肺は「魄」と関係があるとされていて、「魄」というのは、感覚や本能、反射的動作などの働きをしております。

その中心とも言うべき肺の原穴である「太淵」だから「鬼心」という別名がついていると想像しますが、調べてみないと正確なことは言えませんね。

注意深く観察していくとおもしろい反応があります。

これからも注目していきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-05-18 20:00 | 東洋医学 | Comments(0)