人気ブログランキング | 話題のタグを見る

そりゃあいろいろあるさ

「今までこんなことなかったんです。。。」

そう言って心配そうに話される方少なくありません。

40数年生きてきて、50数年生きてきてはじめて出現した症状。

(何か大変なことになったんじゃないか?)

そう考えたりするようですね。

でも、今の歳で過ごすことははじめてなんだから、そりゃあはじめてのことも起こりますよ。

最近で言えば、これだけマスクして過ごすこともはじめて。

今年なんて6月から猛暑日が多かったわけで、これだけ高温下で過ごすという状況ははじめてなわけです。

しかもマスクをして(苦笑)

そりゃあいろいろあります。

生きているわけだから。

今までなかった症状が出てきたりもします。

狼狽えず、大きくデンと構えましょう。

そして現れた事象より、そこに至った状況に目を向けましょう。

自分の生活はどうだったか、自然界の状況はどうだったか、自分の感情はどういう状態だったか。

そりゃあそんなことも起こるよね〜。

そう思える状況であったことがわかると思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
そりゃあいろいろあるさ_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-08-16 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

初ラフティング!

先週の山の日。
祝日ということで休診し、少年サッカーの練習もなかったため、山を感じれるところに行ってきました!

場所は長瀞。

読めますか?

「ながとろ」と読みます。

埼玉県秩父にあります。

秩父市ではなく、秩父郡になるのですが、横瀬町(よこぜまち)、皆野町(みなのまち)、長瀞町(ながとろまち)、小鹿野町(おがのまち)、東秩父村(ひがしちちぶむら)の四町一村が秩父郡ということです。

これ知りませんでした。。。

秩父市と秩父郡を秩父地方と呼ぶようで、患者さんで秩父からいらっしゃる方がいるのですが、ちょっと今度いろいろ聞いてみます。

さて、長瀞ですが、目的は何かと言ったらラフティング!

川をボートで下るこれです。
初ラフティング!_f0356588_21530954.gif
奥にある舟はライン下り。

ラフティングは思ったより激流を進みます。

今回は水量が少ない方だったみたいですが、それでも充分楽しめました!

途中川で泳いだり、飛び込んだり、行き慣れた白州に尾白川は名水で澄んでいるとともに、夏でも冷たかったのですが、長瀞の川はそこまで冷たくなく、ほどよい感じで遊んでいて冷えるという感じはありませんでした。

僕たちが乗ったボートのガイドはネパールの方。

なんで?と思いましたが、実はネパールはラフティングで有名なようです。

エベレストの雪解け水が川に流れ込み、かなり冷たい激流で、帰ってからYouTubeで見ましたが、本当に命の危険も感じるレベルのところもあります。

今はモンスーンの時季なので、日本に来ているとのこと。

そのためだけにネパールに旅行に行くつもりはありませんが、もし行く機会があったらやるでしょうね。

いくつになってもいろいろ遊べる状態でいたい。

まだまだ知らないことだらけ。

未知との遭遇をこれからも楽しみたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
初ラフティング!_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-08-15 22:00 | 徒然に | Comments(0)

要確認!

ある時期から主訴が発症していて、それとともに随伴症状も見られる。

そんな場合は、その時期に何か変わったことがあったと思う方が自然ですよね。

ものすごいストレスになることがあった、仕事において部署が変わった、風邪をひいた、とか。

でも、本人が自覚していない、ということも往々にしてあります。

「特に変わったことはなく同じように過ごしています。」

なんていう回答をもらうことも珍しくありませんが、本当にそうなのか、という視点は大事です。

最近いらした方。

主訴の発症が1年くらい前から。

特に仕事における変化があったわけではなく、食生活も良いわけではないけど変わらず。恋愛における七情の問題を聞くも、あまりそういうことには影響が出ないとのこと。

でも、現在付き合っている人との期間を聞くと、だいたい1年くらい。

そして同棲も同様の期間。

それまでは一人暮らし。

様々な人がいて、みんながみんな同じ状況になったからといって、同じ状態になるわけではありません。

そのため、ある状況になったときに、この人はどうなるのか、という視点は大事です。

緊張しやすい人ならば、何をして息抜きしているのか、ひとりでいた方がリラックスできるのか、みんなと楽しく過ごすことでリラックスできるのか。

そしてそう感じていることは果たして本当か。

嘘をついている、ということではなくて、感じていることと、からだにおける反応が違うこともありますからね。

聞いてみると、家でひとりで落ち着く時間というのが少ない、とのこと。

だから、睡眠も深くないし、しっかり休めていない状態でした。

鍼を手に一本入れたら、からだが広がり、ベッドに接地している面が増えたことを実感してもらいました。

眠くなり、穏やかな感じ。

感情面での問題がある、ということから、そこまで突っ込んで聞かなくても治療することは可能ですが、ことの本質は何で、どうすることで改善できるか、ということを明確にするには、しっかり確認したほうが良いと考えています。

もちろん無理にこたえる必要はありませんし、そういう逃げ道は残して質問するよう心がけています。

尋問じゃないですからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
要確認!_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-08-13 19:30 | 初診 | Comments(0)

発熱をおそれない

感染して発熱しても、ワクチン打って発熱しても解熱剤を投与する。

それが当たり前に言われることにもっと違和感を感じてほしいと思います。

病を治すのは薬なの?

薬がなきゃ治せないの?

生き物には自分を正常に戻す働きがあるんじゃないの?

東洋、西洋に限らず、そういうことを言ってるはずなんだけど。

なぜ薬ありきの対策になるんだろうか。

しっかり治すための行動をすれば、自然と解熱して治る。

「薬なんて飲む必要ないですよ!」

と言ってしまうと、産業として成り立たなくて困る、という側面があるわけです。

人には治す力がある。

治す力がしっかり発動できるように日々過ごす。

鍼はそのための羅針盤のようなものです。

しないと治らない、というものではありません。

自分が治せる状態の方向に持っていく。

人の力はワクチンや薬より優れていることを自覚してもっと自信を持ってほしい。

そのためには、しっかり薬なしで治る、という経験を積むべきですね。

発熱は治すための行動です。

下げれば良いというものではありません。

余計なことはしない。

病治しだけではなく、様々な場面で共通することだと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
発熱をおそれない_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-08-10 22:30 | 東洋医学 | Comments(0)

誕生日お祝い

今日は母親の誕生日でした。

最近母の誕生日のときは僕と2人でだったり、妻と一緒にだったりで、お昼を食べるということをしているのですが、今年は息子2人も今までと違い部活がないため、おそらくはじめて5人での誕生祝いとなりました。

こういう時間は実はこの先それほどないんですよね。

それぞれの状況や予定、その他のことを考えると、ひょっとしたら最初で最後ということだって考えられます。

そんな重苦しい雰囲気でやったわけではないのですが、こういうプライスレスな時間を大切にしたいと最近思っています。

そして子どもたちが自分が子を持つようになったときも、自分の母親に対してそういう場をもってくれたらいいなぁと。

一緒に住んでいない場合、何か物を貰うよりも、時間を共有することの方が大事だと感じませんか?

まぁこれは強制することではないので、願いですね。

自分がここに存在できていることへのささやかな感謝。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
誕生日お祝い_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-08-09 21:30 | 徒然に | Comments(0)