褒める?

「からだ柔らかくなったな〜」

こう言われることを期待されているのがわかっていても、嘘はつけないんですよね。

やる気を出させるように褒めるのがいいのかもしれないけど、僕としては他者にモチベーションを委ねるのではなくて、自分の結果をモチベーションにしてほしいと思っているのです。

考え方はいろいろであるしょうが、他人に左右されるようじゃ結局続かないんじゃないかと思うのです。

やる気を出させることはしますけどね。
褒めることを多用しません。

やることは、続けることは大事だけど、ものによっては結果を出さなきゃいけない。

ただやってるだけじゃダメだと思うのです。

結果を出すための工夫を自分でしていってほしい。

たとえ10歳の子どもでも。

親は「結構がんばってたのにね〜」

と言っていましたが、正しい方向のがんばりをしないと。

社会に出ても同じですからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-01-18 23:15 | 徒然に | Comments(0)

愛は与えて忘れなさい

10年以上前、往診に行っていた先で、額に入れて飾られていた言葉です。

「愛は与えて忘れなさい」

キリスト教的なことばにも思いますが、スッと胸に入ってきたことを覚えています。

こんなことをしてあげたのに、あんなことをしてあげたのに、、、

そういうように、自分がしたことの見返りを求めるところがあると思います。

そう思うからいらない感情を抱くようになる。

善意でやったこと、相手のためを思ってやったことなら、見返りなんてなくてもよく、あったらもうけもの。そういうように思えたら相手に対する憤りというのはとても少なくなると思います。

心がけていることの一つです。

逆にしてもらったことにも無頓着だったりしますが(笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-01-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

出産を控えて、、、

予定日を過ぎても産まれない。

そういう方を診ることもあります。

そういうときに使うツボで「至陰」というツボがあります。

場所は足の小指の爪甲、生えどころから外側に一分離れたところ。やるのは鍼ではなくお灸ですね。

ここは足の太陽膀胱経という経絡の末端。
腎との関わりが強く、腎の陽気が不足していることでお産がスムーズにいかない場合に用います。

つまりそういう状況でなければ使わないということです。

気の滞りが強いために、なかなか産まれないということもあります。

今回いらした方は、来た日が予定日だったので、なかなか産まれないという状況ではないのですが、早く産まれると言われていたのに予定日になってしまったから不安に思っていらっしゃいました。

腎気はしっかりしているけど、気滞が強い。

このまま出産を迎えたら、かなり痛みが強くなるのではないかと思わせるものでした。

いろいろ心配事があって、そのような身体になられていましたが、無事に産まれることを願っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-01-16 22:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

早期教育プロジェクト

昨日次男がトランペットで出演する演奏を聴きに「奏楽堂」に行ってきました。

たいそうなところで演奏させてもらったわけですが、理由は東京藝術大学が主催する「早期教育プロジェクト」の最後に教えてくださった先生と受講生とで一緒に演奏するというプログラムがあるからです。

「早期教育プロジェクト」

小学生4年生から中学2年生までの演奏経験者を、2日間に渡って芸大の先生が指導してくれるというもの。

事前にYouTube動画によるオーディションもあります。

それによって選ばれたわけですが、日本の最高峰の指導を受けることができるというのは相当すごいことです。

僕もレッスンをひとコマ見学しましたが、身体に負担をかけない正しい吹き方というのをはじめに説明しました。音が出る原理などを話しながら。

飛行機はなぜ飛ぶか、というところから入っていく切り口は見事でしたね。

最高の指導を受けれて、最高の場で演奏できる。

幸せ者ですね。

本人はわかっているかな。

何事も本物に触れるというのはとても大事だと思います。
それは早い方がいいでしょう。

音楽は潰しが効かないとかいいますが、そんなことはどうでもいいと思っています。

打ち込めるものができて、本物に出会い、感化されて日々過ごす。

その刺激を受けた同士とともに切磋琢磨していく。

ここから生まれてくるものはかけがえのないものになるでしょう。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-01-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

悪いのは?

首を痛めた方の多くは言います。

「枕が合わなかったのか、、、」
「寝方が悪かったのか、、、」

寝て起きたら首が痛い。
これは枕に問題があるのではないか?
寝方に問題があるのではないか?

ただ寝てるだけなのでそう思うのもわからないでもない。

でも責任転嫁はよくないですね。

きっかけにはなっても主要ファクターではない。

問題はその人自身です。

どんな枕にでも合わせられる柔軟性があればいいし、どんな寝方をしても意に介さない身体であればいいわけです。

子どものころものすごい寝方をしていても何も問題なかったですよね?

こう問うと、中には子どものころから寝違いを起こしている人も少なくなかったりします。

でもそういう人は子どものころから問題があったわけです。

人の身体は70%は水です。

水はあらゆる形に変えることができます。

水のような状態であれば、痛くなるなんてことはありません。

物のせいにせず、水を目指しましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2019-01-12 19:30 | 徒然に | Comments(0)