人気ブログランキング |

幸せいっぱい胸いっぱい

昨日に引き続き「気」でいこうと思います。
今日は「宗気」について。

昨日の「元気」においてもそうですが、「気」が生成されるもとは3つしかありません。
「後天の精気(水穀の精微)」「先天の精気」「自然界の清気」です。
当たり前と言えば当たり前です。
身体を作っているのは、もとからもっているものと、後から得られるもの。
その後から得られるものは、飲食することによって得られるものと、呼吸によって得られるものだけですよね。

その中で「自然界の清気」が大きく関わるのは、この「宗気」だけです。
入った飲食物が「脾」と「胃」によって消化吸収され、水穀の精微となったものを「脾」の上に上げる力(昇清)によって「肺」に上げ、そこで「肺」が吸入した「自然界の清気」と合わさって生成された「気」のことを「宗気」と言います。

そこから全身に行き渡るので、先では様々な名称の「気」になるわけです。

胸中にある「気」ですから、「肺」や「心」と密接に関わります。
呼吸運動によって得られる「気」ですから、呼吸との関わりはもちろん、発声とも関わります。声が大きい人は元気ですよね。

また、「心」は血脈を主る。このことはそのうち詳しく述べますが、「心」は「血」を全身に送り出す役割をしているので、その力となる「心」の気の源は胸中にある「宗気」ですから、気血の運行は「宗気」と関連が深いわけです。

言うなれば呼吸が全身に影響を及ぼすということですね。
前にも言いましたが、とても大事です、呼吸。

僕はよく呼吸で遊びます。
楽しいですよ(^_^)v


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2014-08-20 21:30 | 東洋医学 | Comments(0)