人気ブログランキング |

鍼と注射

比較するような対象ではないのですが、目の前にある本に注射器の写真が載っていたので、今日はそれについて書こうかなと。

「鍼は痛いですか?」という質問はよくあります。

そういう方は注射をイメージしている場合が多いですね。

「私、注射苦手なので、、、」という方。

もう鍼治療を受けるつもりでうちに来てるわけですけどね(笑)

でも、僕も注射は苦手です。
できることなら死ぬまで受けたくない。

鍼の専門学校時代に採血で、刺されたまま「ちょっと待って下さい!」と放置され、気持ち悪くなってから、かなり遠ざけるものになりました。

鍼は注射と違い、中が空洞ではないので、太さだけでなく形状も違います。
そして痛くないように刺すわけです。
でも専門学校時代は、同級生に鍼されることもとても苦手でした。

テストで僕に刺す友達は相当嫌がっていましたね。
やる前から皮膚が緊張するし、相手も緊張するから、余計に場が緊張するわけです。
刺すぞ刺すぞという気は相手を緊張させます。

ツボにも目があり、鍼先を向けられていると、ツボも皮膚も緊張します。
目に向かって鍼を突き出されたら嫌ですよね?
ですからツボには極力鍼は見せません。

全くの無痛かと言われると、そうではないときもあります。
しかし、目的は無痛で刺すことではなく、気の不通、不栄を治すことなので、痛みがあることが悪いわけではありません。

まあでも痛くない方がいいですよね。
それも含めよりよい鍼ができるよう日々精進しております。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
鍼と注射_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2014-10-11 20:30 | いわゆる… | Comments(0)