人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨の日に症状が悪化する?

人は自然の一部であり、多かれ少なかれ、大いなる自然の影響を受けずにはいられません。

最近雨が多いですね。
雨というのは「湿邪」の要素があります。
湿は重、濁、粘、滞という性質があるので、雨の日に身体が重く感じる人もいます。
健康人ではあまり感じないことも多いですが、影響は受けています。
以前にも書きましたが、やはり「内湿」という余分な湿気をためている人の方が重さを感じます。

また、気候が陰の性質に偏るため、人も陰に偏る傾向があり、身体の気血津液が停滞しやすくなる状況でもあります。

雨の日に症状が悪化するという場合、このような要素を考える必要があるわけですが、これだけでは不十分です。

なぜか?

その人の生活というものを無視しているからです。
雨の日に何をしているか。
雨の日のどういうシチュエーションで悪化するのか。

いろいろと考える要素はあります。

今日来られた方は、外に出て歩いていたら悪化したということでした。
雨の日というのは普段と状況が違います。
傘をさして歩くと視界も違う。
足元にも注意が必要です。

ただ東洋医学的な考えを機械的に運用すればいいというものではありません。

人をみて治療をしていきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
雨の日に症状が悪化する?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2014-12-01 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)