人気ブログランキング |

魚の小骨が喉に刺さったら、、、

今まで少なくとも一度くらいは経験があるのではないでしょうか。

魚を食べていて小骨が喉に刺さる。

幼い頃親にはご飯を飲み込めと教わりましたが、あまり効果ないし、今ではやるべきではないと言われていますね。余計に奥に行くし、喉を傷つける可能性があると。

これについて書かれてあるサイトでは飲みもので流し込む、奥に刺さってなければ、ピンセットで、無理なら病院にといった具合に書かれてあります。

なぜこのようなことを書くかといえば、鍼で対処できるのです。
有名なのは「間使」というツボ。
前腕の手のひら側。

肘から手までを全身に診たてる診方があるのですが、その場所が喉の辺りを示すのです。

でもなかなかこれを治療する機会ってないんですよね。
何かしているうちに、気がついたら取れていることもあるし、同業者以外にあまりこのことを知っていない。

身内に治療したことが一度だけです(^^;;
でも、取れましたよ。

もし、病院に行こうと思うくらい、取れない状態が続くようならば、そのときは鍼を選択してもいいのではないでしょうか。

なぜ鍼でとれるのか不思議に思うかもしれませんが、喉に骨が刺さったことで喉における気の不通が起こったのですよね。それを通せば自然ととれるというわけです。

ちなみに数ヶ月前に僕も喉に刺さったのですが、自分の中で喉を動かすことが流行りだったので、動かして口の外に出しました(笑)

興味ある人は挑戦してみて下さい(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
魚の小骨が喉に刺さったら、、、_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-01-06 20:30 | いわゆる… | Comments(0)