人気ブログランキング |

歯を食いしばる

【意味】苦痛や無念さなどを懸命にこらえる。(大辞林より)

慣用句としても使われるこの言葉。

今回言いたいのは、慣用句ではなく、実際に食いしばってしまう人。

結構多いんですよ、こういう人。

自分では無意識にしているので、自覚のない人もいますが、
気づいてもうまく力を抜くことができない。

そういう人には、治療後、普段力を抜いて下さいとか、普段歯が当たっていなくていいんですよ、とか言ったりしますが、そのときだけになってしまうことも。

先日の鍼の勉強会で後藤りゅう先生が、舌の出し方にもおかしな力の入れ方をしている人がいて、その動きを変えたら股関節の痛みがとれた、ということを話していましたが、僕としてももっと探求していくべきところだと思っています。

『黄帝内経素問』陰陽応象大論篇に「心は竅にありては舌となす」
とあるように、東洋医学的に心と舌との関連は深いです。

動きとともに、心神の問題をしっかりと捉えることが必要なのでしょう。

いろいろと奥が深そうな問題です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-05-01 20:30 | いわゆる… | Comments(0)