人気ブログランキング |

平成27年9月(一社)北辰会エキスパートコース

本日は大阪で行われた鍼の勉強会に参加してきました。

午前中は別室にて、刺鍼の研鑽。
身体を診て、それを捉え、選穴をし、刺鍼をする。

ツボに対するアプローチの仕方、認識の仕方、個性が出るとともに、どこまで深くその身体を捉えられているかが表れます。

その身体がどう変化することを見越してその鍼をするのか、まだまだ突き詰めなければいけないことは多いです。

本会場では「傷寒雑病論」のエキスパート水本淳先生の講義がありました。

別室にいて受講できなかった人には期間限定でネット配信されることになるはずです。確か。

僕の尊敬する先生のひとりです。
楽しみです。

午後は奥村裕一先生による「北辰会方式の穴性論」
原元氣先生の学会発表演題である「鬱症の症例」
その後に実技と盛りだくさん。

奥村先生の知識量は底がわかりません。
しゃべってることばの裏にあるもの。
そこをしっかり学ばないと上辺だけになってしまいますからね。

同じ題で何種類もの講義ができる感じの奥深さ。
まだまだ修行が足りんです。

原先生の発表は以前したものを学会発表用にまとめたもの。
外部の人にも伝わるように適確にまとめるというのは難しいものです。
それをわかりやすくまとめておられました。

最後の実技では午前中とは違う先生とペアになってお互いの身体を診て治療まで。

そこでの気づきだけでなく、まわりでやっている先生たちのやりとりから学ぶことも。

また臨床に活かしていきまいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!

伝統鍼灸かみなり
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-13 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)