水の出る道

身体に水が滞っている方、多いと思います。

気が滞るから、水分摂取多すぎるから、臓腑が弱っているからなど。

その要因は様々です。

そのため、身体が重たく感じたり、むくんだり、中に水が溜まっているような症状を呈します。

では治療したらどうなるか?

簡単です。

身体から水が出ていくわけです。

どこからか?

出やすいところから出ていきます。

水が体外に出て行く通路。

おしっことして、汗として。

いつも以上に小便の量が多くなって驚かれる方もいます。
でもこれは病理を解消するための生理現象。

その後もちろん身体はスッキリします。

おしっこは気のベクトルが下に向かう作用ですから、停滞していたり、上に上がっていると出づらいですよね。

身体をよくしようと鍼をするといろいろなところが変化します。
結構楽しいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-16 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)