人気ブログランキング |

薬信仰に喝!

薬を飲んで病気を治す。

そういう考えを持つことそのものはいいと思います。

漢方薬だって薬です。
治す手段として選ぶのは自由ですからね。

でも飲まないと治らないと思っている人が意外に多いことに驚きます。

風邪をひいたら医者に行って薬をもらい、喉が痛ければ医者に行って薬をもらい、咳が止まらなければ医者に行って薬をもらう。

どこかが痛ければ痛み止めを飲む。

咳が止まらなくて苦しんでいるということは気が上に上がっているということです。
本来下げる働きをする「肺の臓」が何らかの影響で下げられない。

そのような状態のときに、スマホを長時間操作することがよくないという認識はどうやら通常では起こらないようですね。

何かウイルスの仕業だという認識をする方もいます。

目をよく使うことは、それだけ頭に気血を持っていきやすくなります。
そして血をより消耗することになり、相対的に気が上がりやすくなります。

気と血でバランスを保っているからです。

言うなれば、もともと気を上に上げることを日頃している人は、咳が止まらないという状況を作り出しやすいということです。

大事なのは日頃どういう生活をするか。

身体には治す力があります。
治っていける身体にすることが重要なんです。
鍼をするのはそういう身体にするためです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
薬信仰に喝!_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-01-05 20:30 | Comments(0)