人気ブログランキング |

さらなる脱力

余計な力を抜く。

これは常日頃僕が患者さんに訴えていることであり、自然とそうなれるように治療するときに意識していることです。

本人が力が入っていることを自覚していないことが多いですからね。
また、自覚していても、どうやって抜いたらいいのかわからない。

治療をして身体が楽になっても、力が抜けたという感覚がなかったりします。

わからなければいけないというわけではありませんが、自分の身体の状況は正確に感じられた方がいいですよね。

僕も最近まだ余計な力が入っていること、そしてそれが不必要であることに気づきました。

入れていることはわかっていたのです。
体幹に2%くらい、力を入れるというか、存在感を持たせるということをしていました。そうすることが、姿勢保持のためにはいいと思っていたのです。

試しにそれをなくしてみたところ、体幹を固めて身体の中で動いていない部分があることに気づきました。

そしてその2%を脱力するようにしたところ、身体の連動性、一体性が向上し、鍼の感じがまた変わりました。

もちろんいいように(^ ^)

いや〜、毎日楽しい!!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-02-24 20:30 | 備忘録 | Comments(0)