人気ブログランキング |

地の気

口からとり入れるのは「天の気」

足からとり入れるのが「地の気」

呼吸において天の気は意識するけど、地の気を意識することはまずないと思います。

それよりもこのことに胡散臭さを感じる人もいるかもしれません。

以前ブログにも書きましたけどね。
足の裏が解放されていれば、自然と地の気をとり入れる状態になり、足が呼吸をしている感じを受けることができます。

そのようなことがなぜ必要か?
そのような気の交流があることで、めぐりやすい身体になるからです。

邪気として捉えると存在がわかりやすいかもしれません。
口鼻から邪気が入り、温熱病にかかるということから天の気はわかりますよね。
足から冷えとして入り、身体に痛みをもたらすということから、地の気もわかるかと思います。

この場合、よく言われるように足首から寒邪は入っていきます。
でもそれとともに、足裏からも入ってくることは実感としてあります。

例えば冬の冷えたフローリングの床に、素足と靴下を履いている状態でも違いますが、スリッパを履くと、さらに冷え感を感じないでいられます。

このとき邪気から身を守ることで足裏の感覚を閉ざすのではなく、地の気と交流している感じを保ち続けることが大切だと思います。

足裏の意識が希薄な人が多いです。
日々感じることからしてみましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)