人気ブログランキング |

繰り返す捻挫

捻挫の患者を診ることはよくあります。

亜急性期、慢性期に限らず、そのとき起こした急性期に関しても鍼灸は有効です。

以前お灸してたこともあって、しっかりと効果もあるのですが、手応えを感じやすいので、ほぼ鍼で対応します。

よく繰り返す人も多いと思います。
同じ足を。確か前にブログで書きましたが。

ある方向に踏み込みづらくなっているので、不安定になりやすく再度捻るわけですが、痛みがひいただけで、しっかりと状態そのものが治ってはいないわけです。

この踏み込みづらさというのは本人が自覚できていないことが多いです。
なぜかというと、そこを使わずに踏み込むことをしてしまうからです。

だから、自分でコントロールできる動きにおいては問題ないのですが、相手の動きに対する変化、また予期せぬ道の段差とかに対応するということができずに、捻ることになります。

それを治療によって起こりにくくすることはもちろん可能です。
これは絶対に放っておくことはしない方がいいでしょう。

それは違うところに問題を生じやすくするからです。

通常活動する上で支えとなっているのは足です。
ほとんどの身体を足で受け止め、その最後に関わる関節が足関節です。

ここに問題があると、それよりか上の部位でカバーしようとします。
結果問題ないような状態になりますが、歪みを抱えたままになるので、あるとき別の問題が生じるわけです。

たかが捻挫、されど捻挫です。
繰り返す人は受診してみてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-25 20:30 | いわゆる… | Comments(0)