病の傾向

世の中様々な人がいますが、性格がそれぞれ違うように、病の傾向もそれぞれ違います。

何か問題があると胃に出やすい人、頭に出やすい人、腸に出やすい人、喉に出やすい人など、本当に様々です。

気が上に上がりやすい人は、下に降りにくいので、便秘になる、吐き気を催す、頭痛になる、などでてくるわけですが、全部なるわけでもありません。

身体の下の前側に問題がきやすい人は、尿や生理には問題がでても、便には問題がでなかったりもします。
もちろん、両方問題出る人もいますがね。

またあるときを境にその傾向が変わったりもするので、普遍的なものではありません。

その傾向がわかると、どういう治療戦略をたてるか、これから気をつけるべきことは何かが明確になってきます。

とても大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-03-30 22:30 | 東洋医学 | Comments(0)