人気ブログランキング |

筋肉痛から得るもの

久々の筋肉痛になりました(^^;;

阿波おどりでですね。
日曜日踊って、翌日しっかり出ちゃいました。

最近長時間踊ることがなかったんですよね。
練習にあまり行けてなかったけど、本番ではしっかりと腰を落として踊り続けたので、当然の結果といえばそうなんです。

結構好きなんですよ。筋肉痛。
自分の未熟さに気づけるので。

こうしておけばいいということが、わかるきっかけになる。

なったのは大腿の前面とふくらはぎ。

筋肉痛というのは本来の筋肉の働きを使いながら、逆の動きを結果的にしてしまうことで起こります。
わかりやすく言うと、腿の前の筋肉は膝を伸ばす働きをするわけですが、その筋肉を使いながら反対の動き、膝を曲げる動き、つまりはゆっくりしゃがんでいく動きというのがそれにあたるわけです。

それを繰り返す阿波おどりはなりやすいわけです。

その場合、階段昇るのと、降りるのどっちが腿の前の筋肉痛を感じやすいかわかりますか?

降りる方です。
だから昇るというのは心肺能力的に負担になっても、筋肉的には逆の力のかかり方になりにくいので、筋肉痛になっていても特に支障はありません。

でも昇るのは膝を伸ばす動きだから、腿の前の筋肉は使うんじゃないの?
と思うかもしれません。

それは結果的に伸びているんであって、そこをメインに使っているわけではないのです。メインはお尻です。

そしてそれも身体全体をトータルに使ってのことなので、その部分だけでことをなしているわけではありません。

最終的に何が言いたいかと言うと、練習不足によって筋力が弱っているということより、うまく協調して動いていない部分があり、そのため必要以上に腿の前に負荷がかかり、筋肉痛になったんだということです。

今回のことでいうと、僕はそれを腰仙部に感じていて、そこの動きがよくなれば、今回の練習量でも筋肉痛にならずに済んだと思うのです。

まぁそれでもなるかもしれないけど、程度は違うかなと。

そんなことを感じ、思うのが楽しくもあります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-04-06 20:30 | いわゆる… | Comments(0)