人気ブログランキング |

熊本地震

九州の広範囲に影響を及ぼしている「熊本地震」

震災により亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また被災された方にお見舞い申し上げるとともに、一日でも早く平穏な生活がおくれることを願います。

震災に限らず、このような災害のときに、気になって現場を見に行くということがしばしばなされ、それによって二次災害に遭われることをよく報道でも耳にします。

今回テレビの映像でも、崩れた橋の状態を見に先まで歩いていく人を目にしました。
幸いこの方は二次災害にあいませんでしたが、土砂災害に遭う可能性のある場所に戻っていき、帰らぬ人となってしまった方もいます。

普段見ることのできないものを見たいと思う気持ち。
誰しもがあるかもしれません。

昨日都内では雨風が強い時間帯がありました。
江戸川区で風速30メートルを記録したところもあったようです。
台風と同じような感じですね。

僕は江戸川の河川敷にいました。
子どものサッカーの試合が予定されていたからです。
当初決行ということだったので、駐車場の車の中で雨が止むのを待っていたところ、同じサッカーチームの親子が川に近づいていきました。
後で聞いたら川の流れが速いから見に行ったようです。

手をつないでそれほど近づかずにいたので、僕は見ているだけでしたが、この状況が二次災害を生む状況なんですよね。
足を滑らせて川に落ちるという川辺のつくりではないため、そのような危険性はなさそうですが、風が強いので、戻りづらくなるという可能性も考えられます。

みんな多くは自分は大丈夫という気持ちで行動しています。
そういう気持ちで過ごしていいときと、ダメなときがある。

子どもは好奇心の塊です。
災害時に本能を頼りにする部分もありますが、理性は必ず持っていなければならない。
それは教育としても必要だと思いました。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-04-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)