人気ブログランキング |

コミュニケーション

先日朝公園を歩いていたら、阿波おどり仲間に後ろから声をかけられました。

「なんで歩いてるの?」

僕は「歩き」で彼女は「自転車」。

「さんぽ (^ ^)」

そうこたえました。

全然違うんですけどね(笑)

でも無理だと思うんですよ。
通勤途中の自転車で通り過ぎる相手に、伝わることばを選んで投げるのは。

一瞬で思考してまとめきらないと思って、「さんぽ」ということにしました。
本当は【伝統鍼灸かみなり】のFacebookページにその週末に隅田公園で催される流鏑馬に関わる写真を撮ろうと思い、たぶんノボリがあるから、それがいいと思って歩いていたのです。

何がいいたいのか。
ありのままを伝えるのがいいわけではないということ。
ふだん行っている会話も、真意は違う場合があることを考える必要があるということ。

僕に聞いた方は「おはよう」の感覚でいったことばだから、何のために歩いているかは、たいして重要ではないと思います。コミュニケーションです。

会話が成立し、微笑みながら去って行く。

でもこういうことが重要な場面で起こっている可能性もあるわけですよね。咄嗟に出たことばが誤解を招くという。

本当に本人の口から出たことばだけど、真意は違う。そういうことはいろいろな場面であるだろうな、と今回のことで思いました。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-04-20 23:40 | 徒然に | Comments(0)