人気ブログランキング |

『中庸』より

四書のひとつである『中庸』の中の文言。

「博学之、審問之、慎思之、明弁之、篤行之。」

(読み)「博くこれを学び、審かにこれを問い、慎みてこれを思い、明らかにこれを弁じ、篤くこれを行なう。」

(意訳)広く先人の知恵に学び、理解できないところや、疑問点はしっかりと聞いて明確にし、鵜呑みにせず思案を重ね、それに弁別を加えて、誠実に行なう。」

大事なことだと思います。
この姿勢はなければなりません。
でも、これだけでもいかんですね。

状況によっては、つべこべ言わずやってみる、という姿勢も必要。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-06-29 20:30 | 備忘録 | Comments(0)