ちゃんとわかってるのかな?

意思疎通がしっかりとれていると物事もうまく進むし、嫌な思いをすることもないですよね。

伝えたはずなのにそれがしっかりなされていないと、不信感がうまれます。


先延ばしになっていたすぐ上の階のユニットバスの工事が今日はじまりました。

数ヶ月前に、大きな音を出すのは13時から15時までの間にしてほしい、と頼んでいましたが、先日業者がうちに確認したときに、こっちが言う前にそのことを言ってきたので、安心して今日を迎えました。

しかし、9時過ぎからすでに音が、、、
まぁ苦情を言うほどではないですが。

工事をやる人たちにしっかり伝わっているのかどうか疑心暗鬼になります。

初診の人もいましたが、会話に困る感じではないので、問診も問題なく、治療も滞りなく行えました。

12時を回ると音もなくなり、さっきの騒音は13時からにできなかったのかな?と思っていて、しばらくたち、午前中最後の患者さんが13時過ぎに着替えを済ませて出たとき
「ガーーーッ!!」

と大きな音が鳴り出しました。

声を張り上げないと会話が成立しないレベル、、 、

しっかりと工事をする人にもこっちの意思は伝わっていたんですね。
前の騒音とレベルが違いました。

正直言っておいてよかったです。

前の音は彼らにとっては大きな音ではなかったんでしょうね。
でも、そういうように決まっているのだったら、こういう音が出てしまうので、よろしくお願いします、というようなことは当日でもいいから言って欲しかったですね。

そうすれば気持ちよくお互いが仕事をできたと思います。

でも形は違えど、僕も普段伝えていないことって多いんだろうなぁと思いました。

患者さんに対しても、家族に対しても、友達に対しても。

振り返ってみないといかんですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-10-11 20:30 | 徒然に | Comments(0)