久坐

久視、久臥、久坐、久立、久行。これらを合わせて「五労」と言いますが、するとよくないよと昔戒められているものです。

スマホを視続けたり、ゴロゴロし続けたり、座りっぱなしでいたり、立ちっ放しでいたり、労働し続けること。

わかりますよね。

昨日は舞台を観るために長く坐り続けることがありました。
浅草木馬亭という大衆演劇の芝居小屋。

はじめて入りましたが、昭和を感じさせる独特な雰囲気。
楽しめたのですが、結構な長丁場。

間に休憩を挟みますが、結果的に3時間半!!

1時間半ではじめの休憩に入りましたが、独特なイスの影響もあり、お尻が痛い。
大学で講義を1時間半受けるのとは違います。

僕以外の方はほぼ親世代なので、もっと辛いのでは?と思ってると、実は昼間の公演も観ている方もいるとのこと( ゚д゚)

もちろん腰を痛そうにしている人もいましたが、そんなことまるでないという方も。

やはり大事なことは、いかに同じ状態でいても気が鬱滞しないで巡っていられるか。

いや〜、でもこの方たちどれだけ巡っているの?って驚きます。
僕より大きい人はほとんどいなかったから、大きさの影響もあるかと思ったけど、お尻は僕より大きい人が多かったですからね(^^;;

そんな思いとともに、坐り方をもっと突き詰めていこうと思いました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-10-31 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)