人気ブログランキング |

15歳のプロ野球選手

今日のYahoo!ニュースに記事が出るまでこのことをすっかり忘れていました。

最年少15歳で阪神にドラフト指名された辻本賢人という名前もその出来事も。

もう12年前のことになるんですね。
まだ僕の長男がお腹の中にいる頃。
8巡目で阪神から指名されました。

中学生にして140キロを超える球を投げる彼に、プロが注目するのは当然といえば当然でしょう。
そしてアメリカで野球をしていた彼ですが、プロの野球選手になれることに喜んで阪神に入団したことと思います。

15歳の少年が大人と一緒のプロの世界に身を置くのはどんな感じでしょうね。

今サッカー界でも15歳でJ3にデビューした久保くんが話題になっていますが、それと状況は違うように思います。

阪神に15歳を育成する準備はあったのか。
プロだから自己責任なのか。

結局20歳で戦力外通告を受け、トライアウトを受けるも130キロ程度の直球と100キロ程のキレのあまりない変化球を投げるにとどまり、ピッチングフォームはバラバラ、とる球団はなかったようです。

しかし、翌春アメリカの独立リーグのトライアウトを受けたときには最速146キロを記録。ハワイのチームから指名を受けて入団。翌年にはサイドスローに転向して球速も151キロと活躍する投手になったようです。

その翌年、大リーグのメッツのマイナー契約を勝ち取るも肘の怪我、手術もあり、3年前に引退をしています。

あのときああしていたらというのは意味のないことです。
しかし、阪神は彼に対して最善のことをしようとしていたか。

久保選手の場合、サッカーには年代別の代表もあり、チームに所属していても、日本の宝という見方をされるから、まわりからの目もあり、その年代において活躍する場もあって、いかに成長させていくかということを考えられていると思います。

辻本賢人選手と同じ年には、大リーグに行った田中将大選手、前田健太選手がいます。

有望な選手はたくさんいます。
しかし、怪我やパフォーマンスが落ちていくのは、本人はもちろんまわりの影響が大きいと思います。
大事なのは何か手を加えることより、のびのびと育っていくこと。

できる人は勝手に育ちますからね。
必要なのはちょっとした軌道修正じゃないでしょうか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-11-10 20:30 | 徒然に | Comments(0)