人気ブログランキング |

さっぱりしたもの

先日来院された患者さん、この方は前日に風邪をひかれて発汗してよくなったけど、身体が本調子じゃなく、喉に違和感、身体の重たい感じを訴えていました。

治療して身体はスッキリ。
結構疲れがたまっていたので、しっかり休んでもらうよう言いました。

翌日連絡があり、身体はスッキリしたけど、唾が多く出るということ。そして喉がスッキリしない。

何か悪化するようなことをした可能性があります。

僕「昨日あの後食べ過ぎたりしませんでしたか?」

患者「いえ、食べたけど、さっぱりしたものです。」

僕「具体的に何食べました?」

患者「とろろ、野菜、味噌汁、揚げ出し豆腐、ご飯」

僕「とろろだ!!」

患者「とろろダメですか?」

僕「とろろのようなネバネバ系は身体がさばきづらいから、風邪ひいていたり、弱っているときは取らない方がいいです。」

これは言っていなかった僕に責任がありますけどね。

本人としては気をつけていましたから。

ただ、このように患者が「さっぱりしたもの」と言ったのを、術者は自分の思考の中で勝手に解釈すると正確に把握できないこともあります。

思い込み注意です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
さっぱりしたもの_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-11-26 23:45 | 東洋医学 | Comments(0)