人気ブログランキング |

夜間尿

夜中に起きてオシッコに行きたくなる。

たまにこういうことあるかもしれません。
水分を摂りすぎたかな?などと思うこともあるでしょう。

でも毎日そんな状態が、一度でなく二度三度とあると、何かおかしいのかもと考えるでしょう。

そんなことも鍼で解決できます。

尿の問題だから膀胱が関わることは間違いないのですが、東洋医学的にはその開閉には「腎の臓」が大きく関与します。とりこまれた飲食が尿として排泄するには肺や脾、肝、三焦の関わりもあり、何が影響を及ぼしているか弁別する必要があります。

相対的なものであれ、腎の弱りが影響していることは少なからずあると思います。
それが本当に弱っているのか、肝が昂ぶっていて、腎がその影響を受けているのか。
ともなってでてきている問題はないのか。

弱っているといっても、わかりやすく弱っているとは限りません。
自覚的には元気、疲れも感じていなく、冷えを感じてもいない。
でも体表所見には腎の弱りがしっかりと感じられる。
そんなこともあります。

では何をあてにするか?

体表所見です。

腎のツボがしっかりと虚の反応を示していて、臍下丹田も力のない感じ。
膈兪中心に上背部には実の反応が出ていて、身体としては実だけど、症状の状態としては虚という方。

下腹部のペコっとしたところに鍼をしました。

夜中三回程起きると言っていましたが、この日は翌日朝まで起きずに眠れたとのこと。

うれしい報告を聞けました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-03 19:30 | いわゆる… | Comments(0)