人気ブログランキング |

営業電話のマナー

一時期と比べると減りましたが、たまにかかってきます、営業の電話。

以前ブログで基本的に受けるようにしていると書いて、その後、それはやめて電話の対応によって決めている、と書いた気がします。(たぶん、、、)

営業をやったことのない人間が、マナーなんて偉そうに言えるものではないのですが、受ける側から気になったことを書きたいと思います。

①相手より自分になっている
②マニュアルの遂行になっている
③HPを見たと言っているのに、理解していない

①相手より自分になっている
相手の立場や状況を考えずに話す人がいます。
まさに今日かかってきた電話なのですが、13時過ぎに郵便局にいるときにかかってきました。転送していますからね。

名乗ってきて、お時間1〜2分程ありますか?というので、

僕「今郵便局にいるから無理です。」
営業「たったの1〜2分なのですが」
僕「いや後にして下さい。」
営業「何分後だったら大丈夫ですか?」
僕「5分後にお願いします。」

というやりとりなのですが、郵便局にいるという状況がどういうことなのか相手の身になって考えていないことに憤りを感じました。
有無を言わせず切ってもいいんですけどね。

郵便局で順番待ちをしているかもしれないとか、やりとりをしている最中かもしれないとか、想像働かすことはできると思うんですよね。

相手のことを思えるというのは大事だと思います。

②マニュアルの遂行になっている
相手と話すのではなく、まず決められたことを抑揚はあるんだけど、感情がこっちに向かないで話す人がいます。

また、ありきたりの営業トークといいましょうか
「よくある〇〇とか〇〇ということではなくて、、、」

このフレーズの方がよく聞くんです。
営業の人の9割くらいこのフレーズ言います。

マニュアルも大事だと思います。
でもそれをもとに自分のものを作り出してほしい。
そう望みます。

③HPを見たと言っているのに理解していない
「HPを見てとても素晴らしいと感じ、またブログもやられているので、当社のプランを気に入っていただけると思います。」

そう言ってくる方もいますが、その割に大して中身を見ていない人が多いです(๑•ૅㅁ•๑)
そうでない人ももちろんいます。

【伝統鍼灸かみなり】のHPはページ数は決して多くありません。

どんな人がどういうことをしているか。
これだけでも抑えておくべきかなと思います。

「院長先生のお名前は?」

こう言われるともういいかなと。

「〇〇院長いらっしゃいますか?」
こう言った方が絶対に好感度はいいですね。

仮にその他大勢のひとつであっても、それをさらけ出すのと、個別に考える姿勢を見せるのとでは雲泥の差。

その姿勢はその後に活きると思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-06 22:41 | 徒然に | Comments(0)