人気ブログランキング |

腹圧

「腹圧」という言葉をご存知ですか?

文字通り腹にかける圧のことなんですが、これはスポーツを行う上でとても大事なことです。

しっかりと腹圧がかかっていないと、コンタクトスポーツであれば、相手と当たったときにバランスを崩しやすくなるし、力の伝達がうまくいかないことにもなります。

そしてこれまで腹圧というのは「締める」方向にかけるのが当たり前だと思っていました。治療をしていても思うのですが、しっかりと締めて使うことができないために、腹部を膨らませて使い、背部を反らして使ってしまうことで腰に過度の負荷がかかり、ギックリ腰になってしまう状態をよく診てきたからです。

もちろん東洋医学的な診立てはするんですよ。
でも日頃予防をするにはどういう使い方をしているかということを、僕は大事にしています。

仰向けになって脚上げ腹筋のような高い負荷をかけるとき、締めることができていない人は腰が反ってしまう。そう考えてきました。

それが間違っているということではないのですが、両方「膨らます」ということもありだなと思ったのです。腹も腰も。

とある競輪選手の対談を本で読んで。
「腹圧」は「膨らます」という認識だと。

「膨らます」というのは外向きに力がかかります。
外に向かって力を伝えるにはよりよい使い方な気もします。

なんで今まで気づかなかったのか不思議な感じです。
武道など帯を締めるものは、腹圧で帯を押すというようなことも聞くのに。。。

胸郭の圧もそういう使い方をしたらどうなるか。

わくわくする感じです。
新たな発見が産まれる予感。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-02-15 20:30 | 備忘録 | Comments(0)