人気ブログランキング |

診たことありますか?

たまに電話で質問されることがあります。

「〇〇という症状なのですが、診たことありますか?」

患者さんからしてみれば、やはりその症状に対して詳しい人、慣れた人、治験例の多くある先生に治療をしてもらいたいという気持ちはあると思います。

その気持ちはとてもよくわかります。
安くはない金額を払って治療を受けるわけですからね。

でももちろん僕が診たことのない症状というのは当たり前のようにあります。

僕らは西洋医学の病院と違い、何科というものに分けて診ないので、あらゆる疾患を診ることになります。その全てを経験し網羅することは不可能です。

じゃあ診ることができないかというと、そうではありません。

もちろん経験しているに越したことはないですが、そもそも訴えている症状が同じでも原因が同じとは限りません。
その人その人で違うということです。

「こういう症状だからここに鍼を刺そう」ということは一切しません。

どういう状況でその症状が出てきたか、はっきりしているのか曖昧なのか、どうすると悪化して、どうすると楽になるのか、変わらないのか、またそれまでどういう病気をしてきたのかなど、いろいろなことからその方を診ていきます。

その上で体表に現れている反応を診て、こういう状態だと判断し、鍼をするわけです。

ですから、原因不明として片付けることはしませんし、どのような疾患でも東洋医学的に判断して治療ができるわけです。

ではそれは確実に絶対正しいと言えるか、と言うと絶対ではありません。

最も確からしいことをやり、それが確かめられるために少数鍼なわけです。

身体は単純なものではありません。
あれもあり、これもあり、とあらゆることが病の原因となっていることもあります。

これに対して当てずっぽうで治療をしているわけではなく、東洋医学としての哲学に基づいて診断をしています。

電話口だけで治せると軽はずみな発言はしません。
でも治る可能性は大いにあると思います。

そして診せていただけたときにこれは大丈夫だと言えるでしょう。
もし無理ならば無理ということも。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-02-22 20:30 | 初診 | Comments(0)