人気ブログランキング | 話題のタグを見る

たゆたう

「国際化社会に対応する人材を育成する!」

そのために英語教育ということが盛んに言われ、小学校から英語を学ぶことは必修になっています。

それは大いに行うべきだと思います。

ことばがわからなければ話にならない。
そういうことは多々あるでしょう。

でもですね、じゃあ英語が話せたら国際化社会で活躍できるか?
というと違うと思います。

思いっきり日本の日本らしい浅草で、しかも東洋的な鍼灸院を生業としている僕の意見はあまり現実味がありませんが。。。

単純な話、日本語話せるからって日本人相手に日本社会で活躍できるかっていうことです。

イコールじゃないですよね。

必要だけど、プラスアルファが必要。
それはコミュニケーション能力だったり、専門知識だったり、人柄だったりしますが、そこを抜きにして英語云々はないのではないか、と思います。

大事なのは日本語をまずしっかりできて、コミュニケーションがしっかりとれること。
でないと問診すらろくにできません。


というわけで「たゆたう」

ことばとしてはまるで関係ないのですが、目について気になったことばで、やっぱり日本語っていいなぁと思って、上記の発言になりました

意味はわからないけど、なんとなくこんな感じかなって思わせる音の響き。

知らない日本語はまだまだ多いと思います。

漢字で書くと「揺蕩う」

意味は
①物がゆらゆら動いて定まらない。ただよう。

②心が動揺する。ためらう。


物事を決めきれずゆらゆらと揺れ動いている感じが音からなんとなく伝わりませんか?

「揺蕩っているようだと国際化社会では対応できない。」

そういう使い方ではないような気がします。
もっとゆったりとした心の揺れ動き。
時間のスピードが昔は違ったことで存在したことばではないでしょうか。

日本をしっかりと理解する。
そこがまずは大事だと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
たゆたう_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-02-23 20:30 | Comments(0)