自然治癒力

中国の漢の時代に著された『傷寒雑病論』

その中に
「凡病、若発汗、若吐、若下、若亡血、亡津液、陰陽自和者、必自愈。」

という条文があります。

「病気になって、汗かかせたり、吐かせたり、下させたり、血や体内の水が少ない状態になっても、陰陽を自分で整えようとするものは、必ず自然治癒力で治るよ。」

という感じですかね。

治そうとする力が弱っているものは適切な治療を受けないとよくないけど、誤った治療を受けても人は治ろうとする力で治っていきます。

時が解決するような治療は治療じゃない。

少しでも早く治るようやっていきたいと思っています。

時間がかかるものもありますよ。
それは時が解決してくれるものではありません。

無駄に時間をかけない。
自然治癒力を目一杯活かす治療を心がけています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-03-01 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)