人気ブログランキング |

サッカー日本代表選出に思う

本日6月に行われるサッカー日本代表のフレンドリーマッチとイラク戦におけるメンバーが発表されました。

活躍している選手が久しぶりに代表に復帰、常連だった選手がもれ、若い好調な選手が初招集され、結果を残している選手も選ばれる。

もちろん限られた人数ですから、この選手をなぜ選ばないの?ということもあるでしょうが、様々なところに目を配らせているな〜と感心しました。

チームとして機能させて結果を残すには、上手いというだけの基準では成り立たないと思います。人間性というのは非常に大きいのではないかと。

これはジュニアの年代でも同じだと思います。
人数が多いと選抜になります。
チームによっては毎回同じ選手を選ぶということが普通に行われます。

確かにその子たちが上手いかもしれません。
でもその先を考えたとき、それよりかは劣るけど最近がんばっている子、もう少しで一皮剥けそうな子、みんなのためにがんばれる子、そんな子を選んでもいいと思っています。

日本代表では本田選手や長友選手を頑なに選出する一方、あまり知られていないブルガリアでプレーする加藤選手を初招集しました。

「実際に見てみたい。」

そう述べていましたが、代表選手の中でどうフィットするかは、本当に実際に見てみないとわからないと思います。

状況は違えど、子どもも選抜に入れてみないとわからないこともあります。
上手い子の中に入ると、いつも以上に走る子、楽しそうにプレイする子。

信念を持つとともに、違った視点を持つというのはとても大事だと思います。

治療もです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-05-25 20:30 | 徒然に | Comments(0)