人気ブログランキング |

大阪でバージョンアップ!

昨日は大阪で行われた(一社)北辰会エキスパートコースに参加してきました。
毎度毎度の鍼の勉強会です。

堀切菖蒲園で行われた阿波おどりをパスして。

午前中は傷寒論のエキスパート水本淳先生による「傷寒論」の講義だったのですが、僕含めた准講師は別室にて刺鍼実技の研鑽。

我々は少数鍼。
一本に対する拘りがあるわけで、その一本をよりよく利かすためには妥協は許さないわけです。

痛くなく刺すという時限の話ではなく、いかにそのツボが身体が求めている鍼をするか。
その先生がどこまでその身体を診ることができているかによるわけです。

そしてそれを刺鍼として表現する。

わからなければ表現しようと意図することもできませんが、わかったからといって表現できるわけではありません。

奥の深い世界。
だからおもしろい。


午後一つ目は『Dravet症候群』という「てんかん」の一つの医師の学会で発表された症例発表。

当会は医師も少なくありません。
代表が当初治療し、良好になってから当会の医師が引き続き治療したものの発表でした。薬において顕著な効果が見られないとされている難しい症例を、とても良好な状態にもっていってました。

簡単にやってるけど、簡単に真似できるものではありません。恐るべし、、、

その後は副代表による刺鍼のデモンストレーション。
三者三様の状況、状態に応じた瞬時の判断、さすがでした。

そして最後に実技。
残り時間は1時間。

お互いの身体を診て、一般の方はそれを講師に確認するのですが、担当講師でない講師陣はお互いの身体を診て、お互いに鍼をします。

このとき僕が診た先生は支部長。
大変お疲れでした。

終わった後は22時過ぎまで飲み会。

そして翌日の研修先である奈良へと向かいました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
大阪でバージョンアップ!_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-06-12 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)