若いのに、、、

来年1月で40になりますが、未だに「若いのに、、、」ということばをいただきます。

肯定的な意味でですよ(^ ^)

鍼の勉強会でも、阿波おどりでも、サッカーのコーチでも、子どもの同級生のパパでも、僕は年齢が下の方になることが多いです。

今行っている「九星気学」の勉強でも、昼間だから当然ながら中高年が多い中で最年少になるのですが、「若いのに、どうしてこれを学ぼうと思ったの?」と聞かれてしまう。

自分より年下だと、どんなに歳を重ねてもそういうことを言いたくなるんですかね?

自分と重ね合わせるからですかね?

その年齢のときにはその人は考えていなかったから?

早く言われなくなりたいんですけどね。

まぁ他人はコントロールできないのでどうしようもないですが、、、

そういえば先日サッカーの指導をしている小学1年生から
「若そうに見えるけど、実は歳いっているコーチだ!」
て言われました(笑)

どんな世代にも若く見えるのは大事です!

「若いのに」って言われるのは好きじゃないですが、若く見えるって言われるのはもちろんありですね。

見た目もそうですが、やはりエネルギーを出してないとそうは思われないですからね。

これからも年齢不詳でいきますよ〜!!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-07-13 20:30 | 徒然に | Comments(0)