なぜそこか、、、

子宮筋腫やチョコレート嚢腫、卵巣嚢腫など、下焦における気滞血瘀、湿熱、痰が絡み合っていることは想像に難くありません。

問診をしていても頷けます。

でもなぜ子宮なのか、なぜ卵巣なのか。

同じ下焦であっても生殖系のなぜそこなのか。

考えることは大事だと思います。

西洋医学としての理解をもっと深める必要性も感じます。その中で見えてくるものもあるはず。

勉強します。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-01-16 23:45 | 東洋医学 | Comments(0)