なんでも治せる??

3歳の女の子

赤ちゃんの頃から診ている子

いや、お腹の中にいる頃からですね。

今回は前日夜急に嘔吐下痢。

でも下痢は数日前小児科で浣腸後から。

夜間診療の小児科ではそこで胃腸風邪をもらったのではないかとのこと。

でもそこから普通に元気ですからね。

嘔吐した日は前日と違ってとても寒い日でした。

寒いところで遊んでたことに加えて、お菓子をその日は多く食べていました。

うちに来たときはいつも雄弁に喋るその子が、口数なく元気ない感じです。

診ると、風寒の邪気が胃に及ぼした影響は抜けているのですが、肝胆のアンバランスが顕著でした。

吐いた日の日中は緊張感を持って頑張っていて、それが影響している感じでした。

治療後すぐに雄弁に(^ ^)

家に帰ってから
「なんでも治してくれるんだねー」
と言っていたそうです。

うれしいことですね。
鍼にそういうイメージを子どもが持ってくれるのは。

もちろんなんでも治せるわけではありません。

でも多くのものを治せる可能性が鍼にはあります。

「なんでも」に少しでも近づけるよう精進していきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-02-28 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)