(一社)北辰会エキスパートコース 2018.6.17

今日は大阪での鍼の勉強会でした。

午前中は通常講義にではなく、講師だけが参加する刺鍼実技のクラスに。

(一社)北辰会は少数鍼。一本の鍼だからこそ効くわけですが、その一本を「効く鍼」にするためにとことん追求する必要があります。

「なるほどそこまで診るか、、、」

自分の至らなさを認識するとともに課題が明確になり、さらに進化していけることにワクワクです。

午後は講義の前に代表を務めている「藤本蓮風」先生が会長となり、新たな代表に「藤本新風」先生が就きました。

もちろん蓮風先生は今でも現役バリバリですが、会の運営からちょっと距離を置くことに。

これからも先頭を走って行くでしょうが、一先ずお疲れさまでした。

早速午後イチの講義に登壇されてましたが、内容は鍼灸によって著効を示した乳癌の症例3つ。
西洋医学的な治療と併用なものもあれば、鍼灸単独によるものも。

「下手なやつは手を出すな!」

何も蓮風先生がこういった症例を発表するのは、こういうことをやれば治るんだ、ということではなく、鍼灸にはそういう力があるんだから、精進して努めなさいということ。

そのためにも、この後の新風先生の刺鍼デモは学ぶところが多かったです。
気の去来をしっかりと捉えて、それに合わせた鍼をする。

言うのは簡単ですがね、、、(^^;;

最後はペアになっての実技研鑽。
お互い知ってるけど今までペアを組んだことのなかった先生と組みました。

いろいろな先生の体表観察を受けるというのはとても勉強になります。

そして大ベテランの別の先生の鍼を受けました。

いや〜、やっぱり鍼いいですね〜。

勉強になって治療まで受けて充実の勉強会。

終わった後は酒を飲み語らい、いい一日でした。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-17 23:30 | 鍼の修行 | Comments(0)