人気ブログランキング |

17人に1人、、、

とある媒体では18人に1人とも書かれてありましたが、端数をどうするかでの判断で、まぁ大差はありません。

2016年に体外受精によって誕生した子どもの数です。

はじめて誕生したのが1983年。
当時は97人に1人でした。

子どもの数は年々減っているけど、体外受精の数は増えている。

授かることができなかった人がそういう機会に恵まれたというのは素晴らしいことだと思います。

でも本質を忘れてはいけないと思います。

当院にも不妊で通われる方はいらっしゃいます。

そして抱えている問題はそれぞれですが、そもそもしてないじゃん!という方も少なくありません。

月に一度最もタイミングが最適だと思われるときに行為を行う。

それってどうなの?
と思うわけです。

ライフスタイルの変化ということにしてはいけない領域です。

不自然な状態にあるから自然な妊娠ということにならないわけです。
やれ卵管が詰まっているとか、精子の動きが悪いとかいうのは、不変的な問題ではなくて、滞りが強かったり、慢性的に疲れていたりするから起こることで、昔はいちいち調べていないわけですからね。

動物に不妊てありますか?

人は自然からより外れたところで生活していますからね。
自然の状態でいれるところはそうすべきだと思います。

それと、気になるのは、体外受精によって産まれた子のその後です。
通常に妊娠して産まれた子と違いはないか。

これはそれ以外にも様々な要素が関わるから、体外受精によって産まれたことが原因かはわかりませんが、統計としてとった方がいいと思いますね。
様々な項目に関して。

病歴や成長度合い。素行における問題等。

今後益々体外受精は増えていくことになるでしょうが、それとともに鍼灸治療に目を向ける人も増えるでしょう。

今自分が不自然な状態であることを自覚するべきです。
自然な状態とはどういう状態か。
しっかり考えましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
17人に1人、、、_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-09-13 20:30 | 徒然に | Comments(0)