人気ブログランキング |

ハリーポッターと呪いの子

先日長男が義妹から本を譲り受けたので、発売から2年以上たちますが、読むこととなりました。

「ハリーポッター」シリーズは全部読んだのですが、このときはさらに世間の流行からはだいぶ遅れてでした。

そこで完結しているものを、後になって書くといのはリスクがありますよね。

あそこで終わりにしておけばよかった、とか思われますからね。

読みはじめたら一気に終わりまで読んでしまいました。

ということはかなり引き込まれたわけですね。

「J.K.ローリング」だけでなく3人の著者によるものなのですが、彼女のワールドが失われることなく描かれていたと思います。

訴えたかったもののひとつに父と子の気持ちのすれ違い、葛藤、どうあるべきかというものがあったと思います。

子どものためというのはどういうことなのか、それは自分のためじゃないのか、何が最善なのか、答えが決まっていることではないですからね。

僕も日々模索しています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-03-07 23:45 | 読書 | Comments(0)