人気ブログランキング |

としまえんと府中の森

一昨日、長男のとしまえんで中学校最後の大会、次男の府中の森でのアンサンブルコンテスト都大会がありました。

長男はフットサル大会の準々決勝。勝てば準決勝、決勝とその日のうちに行われます。

試合開始は11時。勝てば準決勝が13時。決勝が15時。
次男のアンサンブルコンテストの出番は15時過ぎなので、準決勝までは観ていられるという状況。

相手は同じ東京都フットサル1部リーグに属していて、リーグ戦を優勝している、今期勝てていないFリーグ下部組織のチーム。

相手は層が厚く、自チームは層が薄い。
でもこの日の試合はランニングタイムで行うため、交代が少なくても走り通せるという、層が薄い自チームにとっては有利なレギュレーション。

後半に長男が1点を決めて先制。
このままいくかと思いましたが、追いつかれPK戦に。

PK戦は非情ですね。

外した子は泣き伏せてました。

PK戦に勝った相手チームは準決勝、決勝と順当に勝ち優勝しました。

あまり知らない人はフットサルをミニサッカーと考えていると思いますが、そういうものではありません。

バドミントンとテニスの違いよりかは近いかもしれないけど、違うものです。

ですから、教える指導者もそのための勉強をしていないと、サッカーができてもフットサルを教えることはできません。

長男が中学で入るチームに今のチームを選んだ理由のひとつに、フットサルをしっかりやっているチームだったから、というのが僕の中にあります。

それによってサッカーも上手くなる。

中学での最後の大会は終わりましたが、高校でもサッカーは続けると言っています。
フットサルはとりあえずいったん終了かな。

親が楽しませてもらいました。

ありがとう。と言いたいですね。

そんな思いを胸に府中の森に向かいました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
としまえんと府中の森_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-02-04 22:00 | 徒然に | Comments(0)