人気ブログランキング | 話題のタグを見る

当たり前っちゃ当たり前

30代以下の若い人が4割。

今朝のニュースで昨日の感染者数について触れたものです。昨日だけじゃなくここ数日だったかな?

どちらにしろ若い人も罹っていると。

一昨日、昨日と都内では60〜70人くらい感染者がいるんですよね。
最近総数ばっかりで、このうち重症なのは何人で、無症状は何人とかやらなくなってしまいましたね。無症状が多いと安心してしまって気軽に外に出るからなのかな?

まぁ正確に知りたいというのが一つと、若い人も罹るということで、誰もが罹ると恐怖を感じている人もいると思うんですけど、これは当たり前っちゃ当たり前なんですよね。

0歳でも罹ったとか、若い人でも重症化しているとか。

年齢というには、あくまでもわかりやすい目安です。

若い人の方が体力はあるって言っても、70代でフルマラソンを年に何回も走るような人と、20代で全く運動しない人が5kmを競争したら、まず前者が勝ちます。

でも20代で全く運動していないと言っても、大学までバリバリ陸上で長距離やっていた人だったら、5kmくらいの距離だったら、ぶっちぎれる可能性も十分あります。

要は個人差がかなりあるということ。

わかりやすい指標として、年齢や基礎疾患を有しているとかありますが、あくまでも指標なんです。

西洋医学的に健康診断で問題ない人でも、東洋医学的に診れば問題のある人はいくらでもいます。だから基礎疾患がないということは、イコール何の問題もない人ということではないのです。

西洋医学的に問題のない人の方が、東洋医学的に診ても問題の少ない人が多いというだけの話です。

両方の見地から問題なければ、罹りづらいし、罹っても問題ないと言えます。

今回、欧米で感染者、死者が多いですが、医療の体制などの問題とともに、「内湿」が旺盛な人が多いことが関係しているのではないかと考えています。
体の中の捌けていない水の滞り。

食べすぎ、飲み過ぎの問題。

重症化しないための一番簡単にできることは絶対にこれです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
当たり前っちゃ当たり前_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-04-02 20:30 | 徒然に | Comments(0)