人気ブログランキング | 話題のタグを見る

食事制限の弊害

一日一食ということを以前行っていましたが、体調的には過ごしやすくても、痩せていってしまうためにやめたことがあります。

まぁもともと体調が悪いからはじめたわけではなかったですからね。

こもとき一番感じたのは、ふだん必要以上に食べているということ。

大抵時間だから食べるということになりますからね。

自分の内側を意識せずになんとなく空いたから食べるという感じ。

これはよくないですよね。

大事なのは三食ということではなく、今どうなんだという意識。

リズムというのも大事ですが、その日同じリズムでいいのか身体に問うことが必要でしょう。

いろいろな食事制限をする人は多いと思いますが、飲食によって養うということを、量を少なくして、バランスが取れる人もいます。
もともとが食べ過ぎなんですよね。

でも量を少なくすることで身体を養えない人もいます。

それは天空の清気。
すなわち呼吸によって気を取り入れることがしっかりできていないと、気の量が不足してしまうわけです。

水分だけにした、という方がいました。

そういう方実際にいるんですよ。

鍼灸師の方でも何年も青汁だけで生活している方がいます。
通常よりぽっちゃりとした感じの体型です。

でも「水分だけにした」という患者さん、手足がいつもより冷えてました。

舌も淡白傾向。

陽気が不足しているんですね。

賄えないようであれば、食べ物をもう少し摂る必要がありますね。

誰かがやっていることが、自分にも当てはまるかどうかはわかりません。

だからやってみる。

実践から理論へ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
食事制限の弊害_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-04-14 20:30 | 徒然に | Comments(0)