人気ブログランキング | 話題のタグを見る

汗をかくこと

春も多いけど、梅雨どきというのも体調を崩す人が多いですね。

雨によるもの、湿度によるもの、低気圧によるもの、こういった天候の影響もそうですが、エアコンの影響というのも見逃せません。

この時期から職場で冷風との戦いを強いられたり、温度差と格闘している方が出てきますからね。

こういう環境に対する変化に、からだというのはある種の緊張状態を作って対応することになります。

その結果からだのめぐりが悪くなり、上下の通行、内外の通行が上手くいかなくなって不調をきたします。

ひとりひとり適切な温度環境というのは違うので、大勢がいるオフィスほど良い状態を保つというのは難しいです。

自分にできることは、調節できる羽織ったりするものを必ず用意しておくことと、ある程度環境に適応できるからだにしておくことでしょうね。それは運動したり、適切な飲食、適切な睡眠をとっておくことに他なりません。

治療を受けることもひとつ。

僕は自然であれば暑いのにも寒いのにも、湿度が高いのにも、乾燥しているのにも適応できるんですけど、エアコンの暑いの寒いのは苦手です。。。

だから、当院にきて、夏にエアコンで寒さを感じた人はほとんどいないかと思います。

暑さを感じた人はいたでしょうがね。

でも、急激に冷やして汗をストップさせることを、僕は良しとしません。

汗は少しかいてもらった方がいい。

からだの内外の調整をするうえで、汗はとても重要です。

「汗かいてすいません」という方多いですが、全く気にする必要ありません。

汗かいていいんです。生理現象です。

もちろん個人差はあります。
生理から病理になっている方もいる。

かいているというより、漏れ出ていたり。

でもそういうことを含めてからだを診て治療するわけです。

どういう汗をかくのか、というのもとても重要なことです。

僕が触ったあとにタオルやティッシュで手を拭いたりしても、それは不快だからではなく、濡れてることによってからだをしっかり診れなくなるからです。

拭けばいいわけだから全く気にする必要はありません。

気軽に汗をかいてください。

出すべきものをしっかり出さないで閉じ込めちゃうのはよくない。

もちろん漏れ出ちゃうのもよくないですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
汗をかくこと_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-06-30 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)