人気ブログランキング | 話題のタグを見る

億とか兆という数

新型コロナウイルスが話題になって久しいですが、この状況になって、消毒が当たり前になりましたよね。

当院にもあります。

もちろん鍼治療のときにもやっているのですが、これは僕の本意ではありません。

なぜならば、消毒というのは、始末したいものだけを滅するわけではなく、必要なものも滅することになり、それはからだに必要な菌もなくしてしまうことになるからです。

だから鍼の消毒であれば、水で拭くことで十分だと思っています。

傷の消毒も今はしない流れになっていますよね。

「必要な菌」ということを言いましたが、そもそもこれはある側面だけを取り上げたもので、必要でないもの、余計なものというものが本当はあるのかどうかはわかりません。

常在菌というものは、腸内に100兆個。口腔内に100億個。皮膚には1兆個いると言われています。人間の細胞が60兆個と言われているので、それ以上に菌がからだにはあるわけです。

「うわ〜、多いなぁ〜」

と思うのですが、本当にどれくらいか想像つきますか?

100兆なんていうと、1から順に数えていったら、生きている間に数え終わらないですよ。100億だって。

ちなみに10万年が3兆1536億秒です。

そんな膨大の数の菌の事細かな役割を全て網羅することなんて不可能です。

大腸菌だって悪い菌と言われていますが、いい役割も担っている可能性があるわけです。悪い状態になっているときにクローズアップされますが、良い状態のときも常に居続けているのですしね。

こんな菌だらけのからだなのに、新型コロナウイルスというものだけ特別扱いしますか?

常在菌がしっかりと活躍する状態を作っていく方が自然だと思います。

それはからだが「いい状態」であること。

そうすれば病気になりそうな要因はからだが排除してくれます。

そうなるためのことをすればいいだけ。

鍼だけがそういう道だとは思いません。

でも鍼は気の歪みをとることでからだをいい状態にすることができるのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
億とか兆という数_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-07-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)