人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「立腰」のために意識すること

からだがいい状態になるため、言いかえると、自然な状態になるために、「立腰(りつよう)」というものはとても大事なことです。

腰を立てる。

自然となされていればいいのですが、意識しないとできない人は多いし、意識してもできない人は少なくないです。

なぜできないか。

このことは僕の中でスッキリとした答えのでない問いになっています。

股関節が内旋していて、楽に座ることができないから、腰が立てられない。
という考えを持っていたのですが、それだけではどうにも不十分に感じていました。

そこまでのゆとりがなくても、腰を立てるということは可能だからです。

ちょっと着眼点を変えてみました。

座る位置を間違って認識しているのではないか、ということです。

なぜ間違って認識しているのか、というところはわかりませんが、緊張感という要素はあるとは思っています。それは少し後ろに引く感じになるからです。

座っているときにからだのどこが設置している必要があるか。

ただ「ここですよ。」というのではなく、動きを通して自然とわかってもらうような態勢がわかってきました。

いろいろと試しながらより突き詰めていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「立腰」のために意識すること_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-08-13 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)