人気ブログランキング | 話題のタグを見る

電話の対応

家庭に固定電話を持たない家が増えて久しいと思います。

子どもの学校で連絡先を記載するときも携帯電話で済ませた方が都合が良いし、家にかけられても出られないことが多いですからね。

子ども小学校のときは友達とのやりとりで家の電話を使っていたりもしましたが、もうスマホを持つようになると、LINEの方がやりとりしやすいですからね。
電話を家からなくすことは自然なことでしょう。

その中でも変わらず使い続けている人はいて、それが高齢者が家にいる家族で携帯を持ってないとか、持っているけど使わない、なんていうことが理由にあったりします。

でもその高齢者が電話を使う上でやはり詐欺の問題があり、家族にとっても気がかりだと思います。特に離れて暮らしていたりすると。

前置きが長くなりましたが、何を言いたいかというと、それを想定してか、家の電話にかけた場合、電話対応がきつい場合が多いです。

僕がかけるときというと、予約しているのに、こちらに見えられない場合です。

状況はいろいろあると思います。

単に忘れている場合、日にちを勘違いしている場合、急遽入院して連絡できない場合。

いずれにせよ、電話をして僕が鬱陶しがられるものではないのですが、面倒くさいものを扱うように対応されることが珍しくない。

はじめから何かのセールスか詐欺のように思われて電話対応する人もいらっしゃいます。

「伝統鍼灸かみなりの𡈽田と申します。」

とゆっくり、丁寧に言うことを心がけていても、上手く聞き取れていなかったり家族の人は認識していなかったりするんですよね。

自営業のお店にかけた場合にもそのように対応されることがあります。

あまりお客さんから電話は来ないのですかね。

僕の場合、当院には営業の電話より、患者さんからの電話が多いので、そういう対応はしませんが、営業であっても丁寧に断ることを心がけています。

わざわざ相手を不快にさせる必要はないですからね。

こちらの時間を気にせず話す営業の人に対してあからさまに不快感を出してしまうこともありますが、極力気をつけてはいます。

人と人とが面と向かうことがより少ない世の中ですからね。

気持ちよく過ごしていきたいなと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
電話の対応_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-10-13 20:30 | 徒然に | Comments(0)