人気ブログランキング | 話題のタグを見る

口眼喎斜(こうがんかしゃ)

口や眼が歪んで閉じることができないことを東洋医学では「口眼喎斜」と言います。

西洋医学では「顔面神経麻痺」と言いますね。

ヘルペスウイルスが原因と言われることが多いです。

確かにヘルペスウイルスが関与しているかもしれませんが、なぜヘルペスウイルスがそこで悪さをしたのかが問題ですよね。

原因と言っているけど、本当の原因とは言えないと思います。
身体の抵抗力が低下したときとなりますが、ここがやはり問題です。

抵抗力が低下ってざっくりしてますけどね。

東洋医学では中風の前兆のひとつと昔から言われています。

中風とは脳卒中のことです。

卒中風と言ったりします。

風に中(あた)るということ。

外風としての外邪としての風の場合もありますが、内風と言って身体の内側で起こる風もあります。

イライラして肝気の上逆が強く、アンバランスを生じると身体の中で風が起こります。

それが頭に突き上げて脳を塞ぐわけです。

そこに痰や瘀血が絡むこともあります。

イライラ以外にも過度に緊張していたり、思慮過度になっていたり、感情を溜め込んでいる場合も。

これが顔面に行く経脈に影響すると口眼喎斜、顔面神経麻痺になるわけです。

影響を与えているところとしては脳よりかは浅いのですが、そういう状況を作り出しているということが前兆と言われる所以ですね。

頻繁に診ることはないですが、珍しくない疾患です。

病院では手術することもあるみたいですね。

そんなことをしないでも治ります。

一回でスパーンといきづらいですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
口眼喎斜(こうがんかしゃ)_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2021-05-26 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)