人気ブログランキング | 話題のタグを見る

生理か病理か

日々生活していれば、毎日が毎日同じなんてことはありません。

仕事だって同じようなことをしていても、全く同じということはあり得ませんし、体調だってそうです。

いつもと違う状態になれば、これは大変だ、と思ってすぐに病院を受診される方もいますが、その状態が何を意味しているのか、生理現象なのか、病理現象なのか、病院に行く必要があるのか、ということを判断するということも大事なことだと思います。

もちろん鍼灸院に行く必要があるのか、ということも含めて。

下痢というと、悪い状態ですぐに改善すべきと思うかもしれませんが、悪いものを出すために下痢をして身体を守っていることもあるわけです。

病理現象のようで、この場合であれば生理現象なわけです。

止めてはいけないわけですね。

出て自然と良くなり、普通の便に戻ります。

でも、ストレスによって下痢を起こしている場合、放っていても変わらず、身体はダメージを受けることになるので病理現象と言え、改善する必要がありますね。

この場合、鍼灸でやることは、簡単に言うと脾の臓を助けるか、肝の臓を落ち着かせることです。

起こっている現象が生理か病理か。

もちろん考えてもわからないことは多いと思いますが、なぜ起こっているのか、ということを考えることが大事だと思います。

考えすぎはダメですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
生理か病理か_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2021-07-28 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)