人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あれもこれもやらない

当院における治療において使うツボはひとつやふたつ。

基本的にはふたつ同時にはしませんが、ふたつ使うことで出せる効果もあるので、場合に応じて同時に使うこともあります。

何が言いたいかと言うと、あれもこれもやらないということです。

あることをして、どうなるか。

しっかりと見極めて、次の一手を必要ならばうつ。

これは漢方薬においても同じですよ。

だから、あるものを飲んで効かなかったから、じゃあ今度はこれ、というように自分で判断するのは危険です。

まぁそういう方がいらっしゃったので、同じことはしてほしくないとここに書いています。

エアコンをかけたまま寝落ちしてしまい、起きたら喉が痛くなったからということで、とある漢方薬を。

それが効かなかったから、違う漢方薬。そしてまた違う漢方薬を。ということを夜から朝の間で行っております。

結果、喉の痛みはないけど、胃の調子が良くない。

気持ち悪くあまり食欲がない。

便は出たけど、出て特にからだの変化は感じない。

ちょっとした風寒邪を受けたけど、もともとある内熱に反応して少し喉痛が起こったような状態なので、少し発汗すれば自然に治る状態なんだけど、いろいろしておかしなことになったわけです。

発症する前に消化器に関わる脾胃に負担をかけていたことが影響していて、聞くといつもそういう流れで風邪をひくようです。

膈に残っている邪を捌きました。

帰りはスッキリ爽快。

良くない治療によって病を悪化させた状態を壊病(えびょう)と言います。

あれやこれややって、おかしくすることはあるので、十分注意しましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
あれもこれもやらない_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2021-08-02 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)