人気ブログランキング | 話題のタグを見る

歩いて大森へ

予定していたことが流れた昨日、ひとりで過ごしたいように過ごせることになったので、ソロキャンプでもしたかったりするのですが、泊まることはできないので、それではと妻と一緒では歩いて行かないところに行ってきました。

大森です。

「大森」と言っても、「大森」「大森海岸」「大森町」とそれぞれ駅は離れていて、少し前に縄文展に行ったことから、訪れてみようと思っていた「大森貝塚」があるのは「大森」駅。

今回もう一つの目的となった、後輩が営んでいるカレー屋があるのが「大森町」駅だということは、歩いてしばらく経ってから気付きました。

昨年の2月という大変な時期にオープンすることになって、それでもがんばって取り組んでいるので、力になれることはしたいと思いつつも、まだ一度も訪れていなかったのです。

結果的に昨日歩いた距離は36キロ。

歩数にすると5万歩です。

なんで歩くの?って聞かれますが、健康のためではないんですよ。

妻と歩くときは妻の健康のため、ということがあります。

でも、僕自身は走ったりとかしているので、健康のために歩く、という目的はありません。

じゃあ何のためか、というと、己の身体、さらにはヒトの身体を知るため。

歩きながら、どのように身体を使うのが理想なのか、自分の中で使われていないところはどこか、不十分なところはどこか、ということを感じるのが目的です。

これは長い距離を歩かないと見えてこないと感じています。

でも5万歩必要なわけではないです。

これはやり過ぎた、と思いましたが、これで気づけた部分もありましたし、江戸時代であれば、成人男性が当たり前のように歩いていた距離なので、本来やり過ぎではありません。

でも、履き物や、服装、持ち物、途中の休憩やそれまでの日々歩いている距離。

これによって過ぎたものになってしまいます。

履き物は大事ですね。

そこに難があるならば、休憩をコントロールする必要があります。

歩きで筋肉痛になったのはかなり久しぶりです。

ボーイスカウト以来。

それもまた身体を理解することに繋がります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
歩いて大森へ_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2021-11-15 21:00 | 徒然に | Comments(0)