人気ブログランキング | 話題のタグを見る

指の開き

「尺膚診(しゃくふしん)」という診断方法があります。

手から肘あたりまでを診てからだの状態を窺うもの。

この部分をからだ全体の縮図と捉えるのです。

手が頭の方で肘が腰の方。

手のひら側がお腹側で手の甲側が背中。

例えば胸あたりに問題があると手首からやや肘に向かったところに熱感が出たりするのです。

不思議なものですよね。

そこから考えると、手指の動きがかたかったりすると、頭や首肩などにも問題が生じている可能性は高い。

自分自身で手指の動きを良くすることで、からだの上部の問題にアプローチすることもできるわけです。

指と指の間を広げたり、骨間を動かしたり。

以前手技をしていたときはよく治療として用いてたのですが、最近あまりやってなくて、患者さんに普段行うこととしてすすめたら、僕の指の開きと倍くらい違うことにみなさん愕然とされます。。。

そこでお決まりの

患者「ふつうはそんなに開くんですか?!」

ん〜、まぁ開けたら楽です。

良い状態であれば開くはず。

そしてそういう人は「ふつう」ではないんですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
指の開き_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2022-05-26 23:30 | 東洋医学 | Comments(0)