人気ブログランキング | 話題のタグを見る

登る

子どもの頃木に登ったり、高いところに登ったり、父親のからだを登ったり、そんな経験ありますか?

僕は結構登るの好きでした。

でも自然の中で育ったわけではないので、塀に登ったり、公園のブランコの上のバーに登ったり、公園のトイレの上に登ったり。

僕の子たちも登るのは好きで、長男は歩くより登る方が先でした。

「登る」って本能の行為に近いと思うんですよね。

大昔であれば、獣に襲われたときに逃げるのは高いところでしょうし、何かを実をとるために登ることをするでしょう。襲われてなくても、安全を確保するために高いところに寝所を作ることもあったはずです。

何が言いたいかというと、登ることを通して、本来使うべき身体の使い方を身につけられるのではないかと思うのです。

まず何よりも、自分の体重をコントロールする必要がありますからね。

やせてようが、太っていようが、本来はこれができないと生きていけないわけです。

それを通して、自然とどのように身体を使ったら良いのか、言われないでも理解していくわけです。

足の指、股関節の使い方。腕力だけでは登れないから、より肩まわりや体幹を使うようになります。

僕を登ってもらうことを当院に来た子どもにしてもらうことがありますが、足に力がしっかり入らない子は多いです。

まぁ僕が子どもの頃に公園で登ったところは、登っちゃいけないところでしょうが、身体的には必要なことです。

親を登るのはできるので、ぜひお子さんがいる方はやらせてみてください。

小学生高学年でもうちの子は登ってましたね。

もちろん登らせる能力も大事ですが。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
登る_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2023-09-05 23:30 | 身体感覚 | Comments(0)