人気ブログランキング |

2014年 12月 15日 ( 1 )

急患!

先週の金曜日のことです。

「がらがら」
と扉が開いて、うちは引き戸ですからね、

「先生〜!」

身体を診ている最中の患者さんに待ってもらい話を聞いてみると、80近いご主人が自宅で転んで肩が痛いと言っているとのこと。

救急車を呼ぼうかどうしようかというので、すぐ近くの自宅に行って判断をすることにしました。

本来この役目は「柔道整復師」が行うことです。
まあ接骨院の先生です。

しかしですね、実を言うと近くに信頼できる柔道整復師の先生を知らないのです。
居ないわけではないと思います。
わからないというのが現実です。
せまい業界ですが、閉鎖的でもあるかもしれません。

「整骨院」という名称もありますね。
一般の人にとっては何が違うのかわかりづらいと思います。
そのことはまた次の機会に書きます。

僕は鍼灸師であり専門ではなく、医師しか診断はできませんので、一応アドバイスをしに行きました。

触って調べると、骨折の疑いおおいにありです。
酔っ払ってもいるので、救急車で病院に行ってもらいました。

僕としてはこういうように、昔の町医者のような感覚で接してくれるようになりたいと思っています。
身体を痛めた、体調が悪い、といったときにとりあえずあの人に診てもらったら安心という「かかりつ鍼医」。

翌日やはり折れていたとの報告を受けました。

そのことは患者さんにとってみれば一大事ですよね。
折れているかいないか。
でもそれ以上に大事なことがあることを今回再確認しました。

それは次回に。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2014-12-15 20:30 | いわゆる… | Comments(0)